誤解を解くために

電動がんは許認可をされなくても持てるために、人や車を無差別に狙ったエアガン発射事が起こったりします。2005年にエアソフトガンを使用したいたずら、走行中の車の窓ガラスへの発射事件等が頻発しました。


政府はこの事態を重く受け止めて、2006年に銃刀法を改正し銃口から1mはなれた場所での1平方センチメートル当たりの運動エネルギー値が3.5J以上(具体的には6mmのBB弾の場合0.98J以上)を超えるエアソフトガンを”準空気銃”という新しいカテゴリーにより分類するとともに、違法扱いとしました。法律が施行された時点で”準空気銃”扱いとなるエアソフトガンは日本全国で80万丁以上存在するとも言われているが確かではないようです。


これに対して電動がんの愛好家たちは反発しています。エアソフトガンは実銃を持たない日本だからこそできた日本の文化で、役人の安易な提案で規制されるべきではないと主張する人もいます。しかし、一般の日本人には「銃」は身近なものではなく銃を模倣した電動がんをサバイバルゲームなどで使用するスポーツ用具とは認識されていません。むしろ犯罪を助長したり戦争を賛美するものとみなされています。


電動がんの愛好家たちが一般の人たちから嫌悪に満ちた誤解を軽減するためには、業界やユーザーの誤解を解くための努力が必要であると思われます。アメリカでは日本のサバイバルゲームと似たペイントの入った弾を打ち合うペイントボール競技(w: Paintball)が盛んですが、正式なスポーツと公認されており、世間の認知度が広まるにつれ知的なスポーツとして理解されるようになりました。


同様に今後は世間の理解を求めるための対外的努力や理解を高めるために公認競技化へ向けた大きな動きや組織化するための業界やユーザーの意識改革が必要であるといわれています。